スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

18年。

bear.jpg
「・・・ややや、」と言い出したのは2006年かららしい・・・ややや、じゅくちょです。
結構、引っ張っとんね・・・。

さて、オイラがこの業界の門を叩いたのは24歳の春でした。
4月が来て19年目に突入です。
中堅?いやいや、まだまだヒヨっこです。

オイラはこの仕事に関する知識や技術を全て『現場』で教わってきました。
家業が眼鏡屋だったから幼い頃からメガネをたくさん見てきました。
しかし視力もずっと良かったし、まるでメガネに興味がなかったから、メガネに関する知識は一切ありませんでした。
そんな自分がまさか眼鏡屋になるなんて・・・と思ったりしながら18年ですわ。

オイラの「メガネの基礎」は、茨城県で培われました。
大学を卒業した春から3年と半年、今まで一度も足を踏み入れた事のなかった茨城県にある眼鏡店で、「メガネの修行」です。
仕事のみならず、色んな事を教わったこの大切な期間がなければ、今のオイラはありません。

そこにはユニークなパイセンが沢山おられました。
一番忘れられないのが、「マスオさん」というオッチャンでした。
とにかく行動がオモロイんです。
昼飯にラーメンを食べはるんですが、袋麺の粉末スープをマグカップに溶かし、それを飲みながら麺をバリボリとかじり、おかずはモロきゅう。
それとか、軒下に垂れ下がる「つらら」を「つづら」と言ったり、何を言うても「え?」「え?」「ええ?」と全くと言っていいほど人の話を聞きません(笑)

オイラは何度かそのマスオさんと外販に行った事があるんですが、とある日、近くの農協へ外販に伺った時めちゃくちゃ雨が降ってて、全然お客さんが来ない時があったんです。
あまりにもヒマだったので、「このままボウズで帰れませんよ、ええ?」とマスオさんが大きな独り言を言い出して、ちょっと焦りだしたんです。
その時にタマタマ通りかかったオッチャンがいて、そのオッチャンの進路を塞ぐようにマスオさんが立ちはだかり、
「お父さん、メガネでもいかがですか?メガネでカッコつけてみませんか?」
と、なんとも斬新な切り口のセールストークを始めました!
農協に用事があっただけのそのお父さん、イキナリ進路を塞がれ聞いたことのないような接客トークに面食らった様子で、何とかその場から逃れようとした事を言うつもりが
「オレは、カッコだけじゃなく、度がいるんだっぺよ!」
と、みすみすマスオさんが喜びそうなセリフを言うてしまったんです。
しかしソコでマスオさんから飛び出した言葉に度肝を抜かれました。
「大丈夫!度はサービスで入れますから!ええ?」
度(または度数)ってサービスで入れるモンやったんスか!?
「カラーはサービスで入れますから。」ならば聞いたことがあったんスけど・・・。
オイラ、基本的に「度ありき」がメガネやと思ってました・・・。
「度を入れる」サービスってのを、その時初めて知りました・・・。

結局そのお父さん、サービスで入れられた「度付きメガネ」を買わされておりました(´Д` )
「コレはマネできない!」と思った接客を目の当たりにした瞬間でした。

18年を経た今、当時のマスオさんの年齢に近づいてきたのですが、いまだにその境地に辿りつけていない・・・ややや、じゅくちょでした。

Tag:昔話  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。