スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

日本のメガネとヨーロッパのメガネ。

ブログを立ち上げといて記事を書かないなんて、買い物だけしてきて料理した気になっているようなもの・・・ややや、じゅくちょです。

お店でメガネを販売していて、色んな方とお話していて、時々フッと思う事。
それは「日本製のメガネとヨーロッパ製のメガネの違いってナニ?」って事。

当店では、国内ブランドに限らず欧米のブランドも取り扱っております。
ままま、意識して「国産やから!」とか「海外モンやから!」とか考えてるワケではなくって、「わ!エエな!」って自分が思ったブランドを中心に考えているとこうなったって感じですな。(まだまだ発展途上ですが・・・。)

まぁソコで、敢えて『日本製』と『ヨーロッパ製』のメガネの違いを挙げるとするならば、やはり日本製の誇れる部分は『高品質』の一言に尽きると思います。
細かな部分まで手を抜かず、一切の妥協を許さない「職人技」を駆使した結晶が、「Made in JAPAN」のメガネだと思います。
その技術たるや世界最高水準と言っても過言ではないでしょう。
「眼鏡とは視力補正用具」という考えを忠実に発展させた、日本人らしい「最高の道具」としての最高表現だと確信しております。

かたやヨーロッパ製のメガネには、日本製にはなかなか見ることの出来ない『デザイン性』が際立っております。
カラフルさだけでなく、フレームのシェイプやブランドの雰囲気まで、もはやそれは「メガネ」と呼ぶのではなく「アイウェア」と呼ぶにふさわしい『楽しい』イメージがあります。
日本製では滅多に見ることの出来ない発想や心躍るデザインは、圧倒的にヨーロッパ勢の得意分野だと思います。

自分も含め日本人には、「高品質にこそ高い価値がある。」という考えが根底に色濃く流れていると思うので、「Made in JAPAN」のクオリティをヨーロッパ製に求めてしまいがちになるのですが、そもそもソコには「国民性の違い」ってのが横たわっていて、日本人が求める「高品質」をクリアできているプロダクツに辿り着くのは至難のワザだと感じます。
ただ、車や腕時計の話となると、ベンツよりもトヨタの方が故障も少ないし、ロレックスよりもセイコーの方が時間も狂いにくいにもかかわらず、それは「高品質」ではなく、「ステイタス」として受け入れられるんですよねぇ。
アイウェアもいつかは「ステイタス」と捉えられるよう、日々啓蒙していくしかありませんな・・・。
まだまだ未来に可能性があるのだ!

ただ、日本製でも単に機能ばかり追及したような「質実剛健」なメガネばかりではなく、「え!こんなかわいいメガネって日本人がしたの?」って思わず言うてしまうようなデザインがあったり、(そう言う時点で、日本人は自分たちを地味思考だと考えているんやと思うが・・・。)、その逆もしかりで、ヨーロッパ製やからと言って、全部が全部ハデなデザインばかりではありません。

ままま、メガネって車や腕時計よりも、気負わずに、またお手軽にヨーロッパを味わう事のできるアイテムだと思うので、是非コレクションの1本に含めていただくと、眼鏡屋冥利に尽きるってなモンです( ´ ▽ ` )ノ
またインポートモノを持っていると、国産の良さを再認識できる場合だってあります。
とにかく、やれ国産だ、やれ海外モノだと難しい事を考えずに、自分が気に入ったモノを身に付ける楽しみを、顔の真ん中に乗せる"アイウェア"で試していただければと思います( ´ ▽ ` )ノ

全ての事に「理由」なんて必要なんでしょうか?
時には理由もなく直感を信じてみるのもイイかも!なんてちょっぴりキザな事でも言うてみた・・・ややや、じゅくちょでした。

Tag:独り言  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。