スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

エメレションランチ・後編 たかちゃん再び

さて、後編です。

エメレションランチの話なのかたかちゃんの話なのか・・・


手作りギャグマンガでワタシとみっちゃんを丸め込んだたかちゃんとは、当時流行っていた「ベルサイユのばら」に扮し、ベルばらごっこをしていました。

たかちゃんのお家にはお父さんの趣味かお仕事の関係かで中世ヨーロッパの写真が載った書物がたくさんあり、それを見ながらこれはベルサイユ宮殿なのかとか、貴族が身に纏うドレスを見てワクワクしていました。
飽きもせず続くベルばらごっこ、二人でオスカルとアンドレを演じて柄の長い棒を振り回し、フェンシングのまねをしたりそれらしいことをして遊んでいました。

と、その時、ピョンピョン飛び跳ねながらたかちゃんがサーベルに見たてた棒をヤッ!とワタシに向け、「エメレショーンラーンチ!」と聞いた事のない単語を口から発したのです。

エ、エメレションランチ・・・脳天をブチ抜くような意味不明の単語にワタシはポカーンとなり、「たかちゃん、エメレションランチてナニ????」と聞くと、たかちゃんは得意気に「フェンシングする時に言うねんで!お父さんに教えてもらってん!」と言うのです。ま、気合を入れる発声らしかったのですが、生まれて初めて耳にした「エメレションランチ」、これがまたたかちゃんの作った例のマンガのようにおもしろおかしくなって、「エメレショーンランチ!」とワタシもマネをしてブンッブンと棒を振り回し、機嫌良くオスカルを演じておりました。

・・・と、かなりたかちゃんとの昔話で引っぱりましたが、エメレションランチはたかちゃんがお父さんから教えてもらったフェンシングをする時の発声というところからきているのですが、どこの国の言葉なのかも不可解なこの単語が30年以上経った今でも、当時のエピソードを思い出すたびにおかしくなるので、じゅくちょに一部始終を話したのです。

きっと当事者のワタシしかおもしろくないのでしょうが、思いのほかエメレションランチ話にウケてくれたので、あっちこっちでエメレションランチをデフォルメしてネタにしていたようです。


ちょうど一年前にこのエメレションランチの話をしてギャイギャイとウケていた時、我が家に宅配便が届いていました。
送り主を見るとなんとエメレションランチの生みの親、たかちゃんからでした。

たかちゃんがお嫁に行ってしまってから長~い間会っていなかったのですが、「エメレションなたかちゃん」からこのタイミングに一体何が届いたのかと開けてみると、ワタシへの贈り物でIH対応のエメレション土鍋でした。

御礼の電話をし、久しぶりに耳にするたかちゃんの声は昔と変わらずで、数分間の会話の中で幼き頃のたかちゃんの強烈エメレション伝説がよみがえりました。

そこで「たかちゃん、エメレションランチって覚えてる?」と尋ねると「覚えてるよー!エメレショーンランチ!やろ?!」とあの頃のままのテンポで言ってくれるではないですか。

「で、なんでエメレションランチ?お父さんが教えてくれたとかって言ってたやんね?」とまた尋ねると、「あ、うちのお父さん大学時代にフェンシング部やってん」と、意外にアッサリ・・・。久々の電話なのでそれ以上のことは突っ込みませんでした。

たかちゃんのお父さんが本当に「エメレションランチ」とたかちゃんに教えたのかが不明ですが、明確にする必要もないのでそのまま放っておきたいと思います。長編に渡るエメレションランチの由来は、3分の2がたかちゃんの話になるエメレションなストーリーだったのです。

まったくもってどうでもいい話ですが、昔話についエメレションエンジンが作動し加速してしまったので、このへんでエメレションブレーキを掛けて終わろうと思います。



46歳年の差婚!エメレションランチ!



―おわり―





Tag:じゅく子  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。