スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

恩師。

やい!上の住人め!ドスドスうるさいぞ!・・・ややや、じゅくちょです。

何だか今日は世間が騒がしいですね。何かイベントでもあるんですかね?
ただ寒い寒いだけですけどね・・・。

先ほど、オイラの恩師が眼鏡の調整に来られた。
「明日は何時から営業してるんや?メガネのネジが抜けたんやけど・・・。」と電話があったので、「それやったら先生、今から来てくださいよ。」と。

オイラは小学生の頃、この先生に誘われてサッカーを始めたのです。
そして小学5年生の時の耐寒登山で、その事件は起こりました。

山の頂上に広場があったので、そこでみんなそれぞれ遊んでいたところ、中型の野良犬が一匹ウロウロと紛れ込んできました。
特に危害を加えるワケではなかったのですが、見るからに小汚いボロ雑巾のような犬で、犬が行く先々で「キャー!」とか「アッチ行け!」とか、いつ噛み付いてくるか?と怖がっておりました。

そこへツカツカとやって来たのが、この先生。
サッカー仕込みの"黄金の左足"を、その犬の横っ腹へ一撃!

キャーン!

の鳴き声と共に、宙を舞う野良犬。
中型犬を蹴り飛ばす先生のキック力と、「犬を蹴るかー?」という教師と思もえない行為に衝撃を受けました。
その後、犬はサササーと逃げ去って行きましたが、蹴られた横っ腹の毛は抜けておりました・・・。

「誰かが噛まれてからでは遅いんや。」とカッコイイ一言を残しておりましたが、あれだけ犬を怖がっていた女子たちは、「あの犬かわいそう・・・。」と意見が変わった事は言うまでもない。

でもね、先生って立場なら、(蹴るかどうかは別にして)これぐらいやって丁度イイと思うんです。
だって「蹴るかー?」って思っても、やっぱり「先生は僕たちを守ってくれたんやー!カッコエエなー!」って思ったもん。
ままま、学校でもドツかれたり蹴られたりもしてたけど、先生だって何もしてへんヤツをドツいたり蹴ったりせぇへんもんね。
何か悪いことをしたからドツかれるんやもんね。
今やったら、思いっきり「暴力教師」として新聞を賑わしてるかもしれんけども・・・。

でも、何の恨みもないし、逆にいつまでも尊敬しているからね。
今でも親しくしてもらえてることが誇りやったりもします。

先生に「のぶっち」とあだ名で呼ばれることが嬉しい・・・ややや、じゅくちょでした。

本日の1曲
THE BLANKEY JET CITY 「クリスマスと黒いブーツ」

良い週末を!

Tag:独り言  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。