スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

残酷な天使のテー食屋。

ちょっと涼しくなってきてとても嬉しい・・・ややや、じゅくちょです。

今日は約20年前ほど昔の話です。
河内長野駅からまっすぐ走ると、「七つ辻」という交差点があります。
読んで字の如く「七つ」の「辻」がある交差点で、結構交通量の多い交差点でございます。
この交差点の角に、オイラの物心がついた頃から「焼き魚屋」さんがありました。

「魚屋」さんではなく、「焼き魚屋」さんなのです。
バスが黒い煙をモクモク吐き出しながら走る横で、焼き魚をフルオープン陳列しておりました。
今では考えられへん業態でんな。

ままま、オイラはその焼き魚を食うたかどうかの記憶が全くありませんが、近所では「美味しい」との評判がありました。
20年ほど前、オイラは酒屋でバイトをしていたのですが、焼き魚屋のオッちゃんがその酒屋の大将に「ちょっと相談したい事がある」とフラッとやってきまして・・・。
要は、だんだんと商売が芳しくなくなってきて、思い切って焼き魚をメインにした定食屋を始めたいと。
ほんで夜は一杯飲み屋もやりたいと考えてるけど、どないすればいいのかワカランので教えて欲しいとの事でした。
その酒屋の大将もそんなコンサルみたいな事なんてした事もないクセに、あーだこーだとエラソーな事を言うてましたわいな。
「やっぱりオッちゃん、目立つ屋号にせなアカンでぇ!」と。
「何か屋号考えてるんかー?」と、酒屋の大将はバリバリの体育会系のオッサンやったので、結構大声&上から目線でまくし立てるので、もともと大人しそうなオッちゃんはずっとオドオドしてました。

「ホ、ホ、ホナ何か屋号を考えてきますわ~。」と逃げるようにオッちゃんは帰りました。
あんな言われ方して、もうけぇへんやろー?ともう一人のバイトのツレと話をしておりました。
そのまま2週間ほど過ぎ、オイラたちも忘れかけていた頃にオッちゃん「屋号を考えてきました~。」と再来店。
「屋号は何にすんの~!?前に言うたように目立つ名前にしたんやろな~?」と大将。
オッちゃんは「えーっと、『七つ辻』にしようと思って~。。。。」
オイラたち「そのまんまやん!」

結局、定食屋「七つ辻」は改装工事に入り、オッちゃんは奮発してグリルも新調してはりました。
これでまたガンガンと魚を焼くぜ~!ってな意気込みを感じました。
開店後、祝いを兼ねて昼メシを食いにいきました。
自慢のグリルで焼かれた魚がたくさん並べられておりました。
焼き加減も味も良くて「美味いなぁ~」と言いながら食うてる時に、ガテン系の方が3人ほどドヤドヤとご来店。
その一人が「オッちゃん、きつねうどん!」と大声でオーダー。
気弱なオッちゃんは「あぁ、ハ、ハイ・・・。」とオドオドと返事。
え?うどんもやってたのー?それやったら食いたかったのにー。と思ってオッちゃんを見てると、焼き魚を乗せた皿の前でオドオドウロウロした後、
「スンマセン、ウチうどんやってませんねん・・・。」と。
やってへんのかーい!
ホナ、何で「ハイ」言うてーん!と。
「うどん無いんやったら帰るわー。」と即座に退店されて、オッちゃんしばらく放心・・・。

その後、順調かどうかはさておき「七つ辻」は営業しておりましたが、ある昼下がりに悲劇が起こりました。
オッちゃんの店の裏のアパートから出火し、古い建物やったのでオッちゃんの店も全焼。。。
グリルで魚を焼かずに、グリルが焼かれてしまいました・・・。
オイラの家も近所やったので、その火事を間近で見ておりました。
またそこの場所でもう一度やり直すのかと思っていたら、時代の流れによって法律が変わっていて、その場に建物が建てれなくなっていたのです。
何と残酷な結末。。。

その後、そのオッちゃんを見ることがなくなりましたが、元気にしてはるんやろか?と時々心配している・・・ややや、じゅくちょでした。

Tag:昔話  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。