スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ビッグボイス。

夢はセンター前ヒット・・・ややや、じゅくちょです。

『声の大きい人に悪い人はいない』なんて言葉をよく聞きますが、それは一概には言えないのではなかろうか。って思うのです。
何かこう書くと、大きな声で悪い人がおるんか?なんて思われるかもしれませんが、そうじゃなくって、その声であまりにもデカいねんって話なんです。

ウチはショッピングセンターにあるってのは何度かお伝えしておりますが、モチロン他のテナントさんも沢山あるっちゅうワケでして・・・。
その中のとあるお店で働いてはる、ウチのオカンぐらいの女性の声がとにかくデカいのだ。
通路で立ち話をしてはる声があまりにもデカすぎて、小さい声のお客さんの話し声が聞こえない時もあったほど、ある意味「営業妨害」な場面もあったり、話が終わる時でも「お疲れ様、ありがとう、帰り気をつけてね、寒いからね、どーも、ありがとう、さようなら、じゃーねハーイ。」と、こんなに沢山の単語を連ねるのである。
モチロンこれも結構な大声で。
会話をしていた方は大概最初の「ありがとう」辺りで、プイッと違う方向を見て、そのオバちゃんを見てへんからね。
その後の単語は全て「独り言」やからね。
時々その後に、「あーあー、ホンマに大きい声やなー、ワタシはアホやな。アホと一緒やー。」と、また大声で独り言を言いながら歩いて行くねん。
「大きい声って、自分でわかってるんかーぃ!」と、心の中でツッこむしか術がないのだが。。。

それはそれとて、オイラが大学生の頃の話。
夏の暑い日、仲の良かった友人宅で窓を開けて酒を飲んでいた時、斜め前の家からトテツもないデカい声で夫婦喧嘩が始まったのだ。
向こうの家も窓を開けているので、近所に響き渡る大声と、パリーン!ガシャーン!と言うような、皿が割れたりモノが倒れたりする音も聞こえるので、心配になったオイラはそのツレに「大丈夫かー!?」と尋ねると、彼は冷静に「いつもの事や。」と酒を飲んでいたのです。
そして続けて、「後でもっとオモロイもん聞けるで。」とニヤリ。
何のことかワカランまま、そのまま深夜まで酒を飲んでおりました。

夜も更けて・・・。
さっきの家からまた「声」が聞こえたのです。
今度は先ほどの怒号の類ではなく、また違う「声」だったのです。
勘のいい方なら、どんな「声」なのかわかりまんな?
「ドラえもん」の歌の歌詞に出てくる声です。
語感は「天城越え」に似た「声」です。
「あまぎ」の「ま」を「え」に代えた声です(笑)

向こうもまだ窓を開けているので、近所にまたまた響き渡る「天城越え」(笑)
声から想像しても、すごい「闘い」をしているようです!
この辺りの描写は、ブログなので詳しく書けません!!
あまりの衝撃にアングリと口を開けっ放しになったオイラに向かってツレが一言。
「いつもの事や。」と言い放ち、FOUR ROSESのロックをグイッと飲み干したのが印象的でした。

翌朝、何もなかったかのように「おはよーございまーす。」とゴミを出すそのオバハンの顔を見たとき、一気に酔いが回って倒れそうになった・・・ややや、じゅくちょでした。



こんなん書いてエエんかな・・・?

Tag:独り言  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
ごちそうさま

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。