スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

じゅくちょが行く!ドイツ&フランス珍道中2010 vol.6

忙しすぎる時間とヒマな時間に差がありすぎ!・・・ややや、じゅくちょです。

さ、Silmo最終日です。

9月26日(日)
風邪は完治しないまでも、少しマシになった朝。
この週末はCDG空港行きの電車は工事の為、完全にストップしております。
ま、別の駅からシャトルバスが出ているので、それに乗ればちゃんと会場に連れて行ってくれるんですけどね。

この日はホンマに日本人が少なかった!
なのでオイラは背中合わせのお隣さんであるカナダのSpectacle Eyeworksさんで色々話をしたりしておりまして・・・。
ま、ここのメランというデザイナーはホンマに"エエやつ"でして、まだ知り合って3年ほどなんですが、スッカリ仲良しになっております。
ダニエルともメッチャ仲が良く、Brother from Another Mother等と呼び合っております。
d_m.jpg

そんな彼の新作を見せてもらいつつ世間話をしていたら、話の流れ的に彼の新作をオイラがIOFTでご紹介するようになりました!
もしご興味のある眼鏡屋さんがいらっしゃいましたら、IOFTでグロテスクブースへ足をお運びください!

そんなこんなで展示会終了の時間となりました。
周りではブースの解体が始まったので、ダニエルが「車から工具箱を取ってくるわ!」と言って駐車場に停めてある車へと向かいました。
オイラは片付けられる事から片付けていたら、ダニエルが真っ青な顔で戻ってきて、「車が停めてた場所にない!」と大慌て!
エラいこってす!
しかし、この時点ではオイラ的に「また外人特有の勘違いとちゃうか~?」と軽く考えていました。
でもその時に頭をよぎったのが、初日の「3台ぐらいしか車が停まってないぞ!みんなドコへ行ったんかな?」と言うダニエルの言葉でした。
まさかね・・・、と思っているところへメランがやって来て「ダニエルは?俺たちは帰るからダニエルによろしく言うといてくれ。」と。
メランたちはダニエルが戻ってくるまで待っててくれたんですが、もう30分は経っていたのでその言葉を残して帰っていきました。
それと入れ違いにフランス人レップが困った顔でオイラの元へと走ってきて、「エラいこっちゃ!ダニエルの車、レッカー移動されとったー!罰金が200ユーロ!(約23000円) ダニエルは今クルマを取りに行ってるから!」っちゅうじゃないですか!
マジか~い!
イヤな予感、的中・・・。

このまま何もせずに待っててもしゃーないから、知り合いにハサミを借りて一人でブース解体を始めました。
そこへ帰ったはずのメランが「ダニエルはまだか?」と戻ってきました!
実はカクカクジカジカ・・・と説明すると、おもむろに携帯を取り出しダニエルに電話をかけました。
それは「何かあったらスグに電話しろよ!いつでも駆けつけるからな!」という内容でした。
オイラは隣で聞いていて、メランの「男の」優しさに泣きそうになりました・・・。
コイツとはビジネスではなく、人間として繋がっていたい!と本気で思いました。

それから待つこと数十分、ようやくダニエルが戻ってきて、本格的に撤収開始!
外に荷物を運び出すと、雨・・・。
しかも結構本降り・・・。
ズブ濡れ&テンション急降下の中、荷物の運び出しを5往復。。。
二人とも無言。。。
そしてようやく終わった時間が22時30分!
ダニエルとハイタッチを交わし、クルマでホテルへ帰ります。
ダニエルは「もうビールケース運ぶのはイヤや!来年はもっと稼いでブースは業者に頼む!」と言うてました(笑)
オイラも賛成です(笑)

そしてホテルに戻りシャワーして、パリ最後の晩餐は北駅前のレストランでした。
時間は0時をまわっておりました・・・。

家を出た瞬間からつまづいた今回の珍道中、やはり最後まで話題に欠かない旅となりました。

次回はドイツに戻ってからの「番外編」をお送りして、ドイツ&フランス珍道中2010を締めくくりまーす!
乞うご期待!

Tag:珍道中  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。