スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ファン魂。

特技は丸投げ・・・ややや、じゅくちょです。

東京は下北沢の彼から、「じゅく子の出番は?」とのリクエストがありましたので、昨日はリクエストにお応えしたのでありまして、丸投げではございませんのよ!オホホホ

オイラは眼鏡屋のクセに、カンタンな時計電池交換もお店で行っております。
腕時計ってメガネ以上に種類がありまんな!
その中でも、昨日お預かりした時計には度肝を抜かれました。。。

どやさ!
sugiwatch1.jpg
文字盤に「杉良太郎」先生がババーン!
時計本来の機能である12・3・6・9と言う時刻表示を外枠に追いやり、文字盤を独り占め!である。
秒針を削ぎ落としてまで全面アピール!と言う自分第一主義的な潔さに、杉良大先生ファンの心は大きく揺さぶられるのであろう。
ここまでいけば、時間を見たいのか杉良先生を見たいのか、コレは時計なのかブロマイドなのか。はたまた時計の形をした新種のブロマイドか。
もはや時計と言う概念から大きく飛躍した未来からの暗示なのかもしれない。

しかもこの時計(敢えて時計と呼ぼう)には、まだまだファン魂をゆさぶる仕掛けがあったのである。
好きな時に左手首(もしくは右)をチラ見すれば、いつだって杉良先生に会えるワケではないのだ。
実は、約10秒ほどの間隔で杉良先生がフェードイン・フェードアウトを繰り返しているのだ!
世の熟女をトロけさすその笑顔が徐々に闇の彼方へ消えて行き挙句、文字盤は真っ暗になってしまう。
ここで諦めてはいけない。まだ目を離してはいけないのだ。
刹那、杉良先生がジワリジワリと文字盤に浮かび上がり、貴女の目の前に再び現れてくれるのだ!

これはファンならたまらないだろう。
会える喜びと会えなくなる悲しみを10秒、僅か10秒で体感できるのだから、そりゃ電池が切れてしまえば直ちに電池を交換したくなるだろう。
電池の寿命に左右される、悲しきファン心。いとも儚い。
しかし昨日オイラはそのファンを一人救えたのだ。
これは何と悦ばしい事か。まだまだ捨てたもんじゃない。

人が人を惹きつける魅力とは一体何なのであろうか?と考えさせられる逸品。
時計の中で微笑む先生にそう問うたとしても答えてはくれない。
その答えは受けとる人それぞれで異なるのであろう。
オイラはこの時計を見て、ただただ笑うだけしかできなかった。

そーいった意味でステキな時間を与えてくれた杉良先生が松本幸四郎に見えなくもない・・・ややや、じゅくちょでした。

Tag:独り言  comment:2 

Comment

十文字コヤタ URL|すきま風
#- 2010.09.03 Fri09:52
傷つい~てすきま風吹くだろう~♪

そんな心の隙間に入ってきた、あなたは嗚呼、杉良太郎。
え、松本幸四郎なの??
じくちょ URL|No title
#- 2010.09.05 Sun12:53
コレはある意味「すきま風」でしたな~。
マサカこんな時計があるなんて!
松本幸四郎に見える杉良太郎なので、こちらの時計は杉幸四郎さんでございます。
comment form
(編集・削除用):
プロフィール

先だけ!眼鏡塾

Author:先だけ!眼鏡塾
エメレションランチ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。